小堺建設
小堺建設
  • HOME
  • 事業内容
  • 会社概要
  • コラム
  • 求人情報
  • お問い合わせ
  • コラム

    家族にとって、家は大切なものです。

    家は家族皆を守っていくものですが、完成したときから劣化が始まっているのをご存じでしょうか?
    建物は、雨や紫外線を浴びているため、日々劣化していきます。
    家の外壁は最も外部からのダメージを受けやすい箇所で、機能と美観を維持するためには、「外壁塗装」の定期的なメンテナンスが必要になります。

    今回は、家の外壁を守るための大切なメンテナンスである「外壁塗装」の重要性について説明します。

    外壁の塗装が壁を守る

    建物を守る外壁ですが、その外壁を保護しているのが塗装です。

    家の外壁は塗装をすることにより、表面に「塗膜」が密着します。
    「塗膜」とは、塗料が乾燥して膜状になったものを指します。
    外壁にこの塗膜が密着することにより、雨や紫外線などから外壁を守っているのです。

    しかし、塗膜の効果は永遠には続きません。
    年数が経つにつれ、外壁の塗膜は劣化していき、機能や美観が徐々に失われていきます。

    主な原因は、太陽光による紫外線です。
    紫外線による塗膜の劣化はすぐには起きませんが、年月を重ねるごとに徐々に塗膜にダメージを与えます。

    また、紫外線だけでなく、雨や風、沿岸部では潮風も塗膜によくない影響を及ぼします。

    外壁の塗膜の寿命は、10年〜15年が目安です。

    新築あるいは塗装をして10年〜15年経過したら、外壁の塗り替えを考えた方がよいでしょう。

    外壁の塗装が必要な症状とは?

    前述のように、外壁の塗膜の寿命は10年〜15年といわれていますが、あくまで目安であり、建物の立地、日当たりなどの条件で大きく異なります。

    そこで、外壁の塗り替えが必要なタイミングがわかる劣化症状を紹介します。

    外壁の塗り替えが必要な劣化症状とは・・・

    • 外壁のひび割れ
    • 外壁の塗膜の剥がれ
    • 外壁の色あせ
    • 外壁の表面に白い粉が発生するチョーキング現象

    上記のような症状が発生していたら、塗り替えを検討した方がよいでしょう。

    放置は危険!外壁の劣化がもたらす被害とは

    外壁の劣化症状が発生しているのにも関わらず、放置をするとさまざまな被害を受ける可能性があります。

    例えば、外壁は雨から家を守っていますが、外壁の劣化が進むことで雨水の浸入を許してしまいます。

    外壁から雨水が浸入することで起きる被害は次の通りです。

    • 内装や家具を汚す、または破損させる
    • カビが発生する原因になる
    • 家を支える柱を腐食させる
    • シロアリの原因になる

    雨漏りは、入居者の生活や健康に悪影響を与えるだけでなく、家そのものの強度にも悪影響を与えます。

    外壁の劣化を発見したら、まず診断と見積もりを

    外壁の劣化を発見したら、どうしたらいいのでしょうか?
    まず専門の業者に診断をしてもらう必要があります。

    劣化の現象を発見したとしても、知識がないと塗装が本当に必要なのかは判断が難しいです。専門業者にまず診断をしてもらい、外壁の塗装をするべき症状なのか判断してもらいましょう。

    診断の結果、外壁の塗装が必要であれば見積をしてもらいます。

    専門業者に診断と見積をしてもらう際の注意点として、業者選びに注意が必要です。なぜなら、外壁の塗装は悪徳業者も多い業界といわれているからです。

    依頼主が知識がないことをいいことに、高額な金額の見積を出したり、必要のない工事を見積に入れたりと、悪徳業者による被害が発生しています。

    回避策の一つとして、ホームページなどの情報で、工事費の目安を知ってから、見積を取るなどが挙げられます。

    外壁塗装の工事費用の目安

    外壁塗装の工事費用は、家の大きさ(施工面積)で決定します。

    <例:延床 40坪の家>

    塗装面積の目安:150㎡〜160㎡  費用相場:80万〜100万円

    また、外壁塗装には足場と飛散防止のためのメッシュシートが必要になります。

    足場費用相場:20万円

    メッシュシート費用相場:5万円

    上記は一例ですが、塗料種類によって金額も変化します。

    また、立地の条件によっては近隣にも養生が必要な場合は費用がプラスになる可能性もあります。

    外壁塗装工事をする前に近隣への配慮を

    外壁工事を行うことが決まったら、近隣住民へ工事について挨拶をするようにしましょう。
    外壁塗装の工事は、足場を組む際の騒音、塗料の匂いなど、塗料の飛散防止のための養生など、近隣の方々に気遣いが必要な面もあります。

    近所への挨拶のタイミングは、外壁塗装の工事が始まるおよそ1週間前には済ませておくことが理想的です。
    これらの準備についても、外壁塗装をお願いする会社に相談をしてみるとよいでしょう。

    まとめ

    外壁塗装は、最も重要なメンテナンスの一つです。
    外壁の劣化は機能や美観を損なうだけでなく、家の寿命にも大きく影響します。

    大切な家を守るためには、家がダメージを受ける前にメンテナンスを考えることが大切です。

    神奈川県・東京都近郊の方で外壁の塗装をお考えの方は、小堺建設までお気軽にご相談ください。